子ども英語 ラボかたやまパーティ《講師紹介》

7b4202eca054afd83c70996bea545f90

a63aaa712906ad99428331a84b02f8b8

e39a2ff7938fc7ba90cd17d1b6581454

講師紹介

ラボ・テューター

■子ども英語 ラボかたやまパーティ 片山 郁江

ラボ_講師紹介
ラボ・パーティでは先生のことを「テューター」と呼びます。「教えこむ」のではなく「導く」という立場で、子どもたちの想像力や表現力を引き出していきます。ラボ・テューターが日本人なのは理由があります。それは子どもたちが安心して表現できるよう『丁寧な気持ちのやりとり』を大切にしているからです。また外国語を習得するうえで、思考の土台である日本語が豊かであればあるほど、外国語も豊かに使えるという考えからです。

《プロフィール》
高校在学中アメリカ・アイオワ州の高校に留学。就職は電機メーカー貿易部、海外からのお客様のアテンドをはじめ、新製品プレゼンテーションなど輸出業務全般に携わっていました。その後、英会話学校講師を経て、物語を劇表現するラボ・メソッドに共感し、1997年ラボかたやまパーティを開設。子どもたちが、自分を表現し人とつながることばを習得すること、自らの手で道を切り拓く力をつけることを目指し活動しています。




ページトップへ