0歳から始める英語教育

0歳から始める英語教育


小学校の英語学習開始の低年齢化、企業のグローバル化などから、英語力はこれから大人になる
子どもたちの必須教科ともいえるものです。
そして言語だからこそ、早ければ早いほど修得しやすいものとも言われています。



赤ちゃん
●0歳から英語を始めるといい理由

0歳の赤ちゃんは驚くべき能力を持っており、英語という言語の抵抗もなくどんな音でもすぐに吸収することができます。これを「耳の黄金期」といいます。この時期に英語のシャワーをいくら浴びられたか、つまり英語に慣れているかが、英語修得の大きなポイントになります。0歳から始めた方が、より英語に触れる時間も長いため、英語に慣れることができるのです。 また英語を聞くことで、その周波数や発音に慣れ、耳を鍛えることができます。例えば「R」と「L」の違いなどは、より小さいころから英語に触れていた子どものほうが聞き分けられるのです。


日本語の周波数は「150~2000ヘルツ」
英語の周波数は「2000~12000ヘルツ」
日本語に慣れ親しみすぎてしまうと、それ以外の周波数は聞き取りにくくなります。つまり、0歳から英語学習を始めると、1歳や2歳で始めるよりも、断然耳の良い状態から取り組めるのだと言えるでしょう。



聞く赤ちゃん
●0歳の英語教育は聞き流しから始める

0歳児の英語教育は、英語の聞き流しをさせることから始めましょう。0歳児は1日のほとんどを寝て過ごしています。寝かしつける時にはスローテンポの英語の歌を流し、起きている時はテンポの良い明るい曲を聴かせましょう。また、カラフルな英語の絵本を読み聞かせることも大切です。英語の聞き流しを続けることで、自然に英語に触れる機会が多くなり、英語耳が向上していくのです。


楽しむ親子
●親子で楽しめることが一番!

0歳からの英語は、無理せず親子で楽しめることが一番です。
赤ちゃんは、ママの楽しそうな顔や声を聞いているだけで、きっと英語が好きになるはずです。赤ちゃんの心と体を育み、健やかな成長を望むと同時に、ママたちのストレス発散やコミュニケーションの場として、ママ自身も楽しめそうな教室を選んでくださいね。



オススメの「0歳からの英会話教室」
ページトップへ